一覧
ランキング
お役立ち情報

含水率とは?高含水、低含水カラコンのメリットとデメリット

更新日:

レポろぐ+のゆーこです。この記事ではカラーコンタクトレンズのパッケージなどに必ず記載されている含水率について説明しています。

含水率とは?をまとめると…

  • 含水率とは
  • 含水率とは「ソフトコンタクトレンズがどれくらい水分を含んでいるか」を%で表した数字
  • 含水率が50%以上のものは高含水レンズ
  • 含水率が50%未満のものは低含水レンズ
  • 高含水、低含水どちらにもメリットデメリットがある

では詳しく見ていきましょう。

よくある質問

含水率とは「ソフトコンタクトレンズがどれくらい水分を含んでいるか」を%で表した数字です
低含水レンズは目の乾きを感じにくいですが、高含水レンズと比べると目になじみにくいです。反対に高含水レンズは目の乾きを感じやすいですが、目になじみやすいです。
  • 目次

含水率とは

含水率とは”ソフトコンタクトレンズがどれくらい水分を含んでいるか“を%で表したものです。

この数字はレンズのフィット感や乾燥感などつけ心地にも大きく関係しています。

ざっくりと《水分が多めの高含水レンズと、少なめの低含水レンズ》に分けることができます。

高含水レンズの特徴(メリット/デメリット)

含水率が50%以上のものは”高含水レンズ”と呼ばれます。

コンタクトを長時間装用していると、レンズから水分が蒸発していきます。蒸発した分の水分は目から補充されます。

水分をたくさん保てる高含水レンズほど、目の水分を奪いやすいということになります。

水分が多いので目に優しいイメージがあったのですが、必ずしもそうではないと知ったときは衝撃でした…!!

特にドライアイさんには向かないそうなのでご注意ください。

高含水率のレンズは涙の分泌が多い方や長時間は装用しない場合におすすめできそうです。

特徴をまとめてみます。

  • 高含水レンズの特徴
  • 水分が多いので柔らかい
  • 着けた瞬間から目になじみやすく、フィット感が良い
  • X レンズが厚く仕上がりやすい
  • X 目の水分を奪いやすく、時間が経つほど乾燥しやすい
  • X 汚れが付着しやすい

低含水レンズの特徴(メリット/デメリット)

含水率が50%未満のものは”低含水レンズ”と呼ばれます。

もちろん低含水レンズも水分は蒸発していきますが…水分を保つ力が弱いため、目から吸収される水分も比較的少なめなんです。

個人的には低含水率のカラコンのほうがメリットが多いと感じていますし、実際カラコンは低含水率のものが多いです。

低含水率のレンズは目の乾燥が気になりやすい方・長時間装用する方におすすめできそうです。

特徴をまとめてみます。

  • 低含水レンズの特徴
  • レンズを薄く作りやすい
  • 目の水分を奪いすぎず、乾燥しにくい
  • 汚れを寄せ付けにくい
  • X レンズが硬く仕上がりやすい
  • X 目に馴染みにくい、または時間がかかる

まとめ

最近は技術の向上によって含水率に関わらずつけ心地の良い商品が増えています

乾燥しにくい高含水レンズ・柔らかい低含水レンズもたくさんあります.+゚

含水率を目安にしながら、自分に合うタイプのレンズを探してみてくださいね。

含水率以外のスペックについても基礎知識としてまとめましたので、よければこちらもご一読ください。

カラコンを選ぶ上で、少しでも参考になっていましたら幸いです*ゆーこ



カラコンでおしゃれしたいというよりは、研究したい。ちょっとずれたカラコン好き。

これまで約1200種類のカラコンを着けてきました。30代女性・小粒目・ナチュラル派/リアル志向です。

\ Follow me /
  1. Home
  2. 初心者の方へ|基礎知識まとめ
  3. 含水率とは?高含水、低含水カラコンのメリットとデメリット